PREV| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファンランド(Funland Outdoor Amusements)

【写真】 仮設遊園地「ファンランド」のメリーゴーランド。
Funland
(2006年4月28日撮影)

場所はトロント市郊外にある中規模なショッピングモール「ロックウッド・モール(Rockwood Mall)」の駐車場にて。

仮設の遊園地が毎年ある時期になるとここのモールの駐車場でオープンしている。観光客などいるはずもなく、この田舎の光景を思わせる超ローカルな雰囲気が好きです。ここの経営者は親子代々受け継いで家業を営んでいるようで、各地を転々としながらこれで生計を立てているのだからすごい。

◆ Funland Outdoor Amusements
http://www.funland.ca/
≫ Read More

| トロント郊外 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

セント・マリー・ウクライナ系カトリック教会

【写真】 トロント郊外にあるウクライナ系の教会
    (St. Mary's Ukrainian Catholic Church)
ウクライナ系の教会
(2006年4月26日撮影)

遠くから見える建物が気になったので近づいてみたら、ウクライナ系のキリスト教会でした。

ちょうど何か催し物があった頃合いなのか人の出入りを頻繁にみかけた。

カナダのハーパー首相も声明を出しましたが、今日(4月26日)はウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故からちょうど20周年となります。

ひょっとしたら参拝に来ていた人たちは20周年の今日を追悼していたのかもしれません。

さすがにスラブ系の人ばかりいる中に混じって、見慣れない東洋人が宗教施設である教会にひょこひょこ入っていくのには抵抗を感じたので中までは入りませんでしたが、中の雰囲気から察すると、この教会はコミュニティが集う役割も担っているようで、ウクライナ語や民族舞踊などが学べる場にもなっていそうでした。

カナダではウクライナ系の移民は比較的多く、各地にウクライナ系の店や施設、博物館などがある。教会のすぐ横にある商店街にもウクライナ系の金融機関が入っていました。

教会の別名:Dormition of the Mother of God Ukrainian Catholic Church (St. Mary's)
場所は、ミシサガ市のCawthra Rd.とBurnhamthope Rd.の交差点南すぐ。

毎年5月には「Carassauga Festival」というお祭りがミシサガ(Mississauga)市で行われる。25ものコミュニティが市内各地のコミュニティ・センターなどでそれぞれの地域の食べ物、踊り、音楽、文化、歴史などを披露する場となっていて、この教会もウクライナ系コミュニティの会場となっている。

2006年度は5月26日~28日に開催。

・Carassauga - Mississauga's Festival of Cultures
http://carassauga.mantis.biz/?pageid=54

・Ukraine Pavilion Carassauga
http://www.ukrainepavilion.com/
≫ Read More

| トロント郊外 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

トラックの休息

【写真】 ガソリンスタンドで一休みしている荷台無しのトラック。
トラック
(2005年4月8日撮影)

トロント広域圏に位置するトロントの隣町ミシサガ市(Mississauga)には、ディクシー通り(Dixie Rd.)と呼ばれる通りがあり、倉庫が多い関係上、大型のトラックがこれでもかというくらいひっきりなしに走っています。

| トロント郊外 | 12:04 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。