2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハミルトン市庁舎(Hamilton City Hall)

【写真】 ハミルトン市庁舎、横から。
Hamilton City Hall
(2006年8月8日撮影)

オンタリオ州ハミルトン市はかつて「製鉄の街」と知られ、重工業で有名だった場所。トロントから車で西へ1時間。ナイアガラの滝まで南へ40分ほど。トロントからの交通の便も発達している。

広域ではカナダ国内第8位の人口を要する70万都市(2005)。「Stelco」や「Dofasco」など大手鉄鋼メーカーが本社を構えている。街の歴史は19世紀初頭から始まり、街が大きくなるにつれ地理的な重要性からも重工業が盛んになり、19世紀後半にはカナダのバーミングハム(英)とうたわれるほどになる。

ナイアガラ断層が近くを通っており、少なくとも65もの滝があることでも知られる。1つのエリアにこれだけの滝が密集している地域は世界でもここだけ。1999年になるまでこれほどの滝があることは知られていなかったが、観光地としての可能性から市も注目するほど。

特筆すべき点としてほか、トロント、バンクーバーに次いで外国生まれの割合が多い街として知られる。人口比ではヨーロッパ系が圧倒的に多いが、新移民の出生地はユーゴスラビアなどの東欧ほか、アジアでは中国、インド、フィリピンが多い。

日本の広島県福山市と姉妹都市提携をしている。

◆ City of Hamilton
http://www.hamilton.ca/
≫ Read More
スポンサーサイト

| ハミルトン | 11:39 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。