| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハミルトン市庁舎(Hamilton City Hall)

【写真】 ハミルトン市庁舎、横から。
Hamilton City Hall
(2006年8月8日撮影)

オンタリオ州ハミルトン市はかつて「製鉄の街」と知られ、重工業で有名だった場所。トロントから車で西へ1時間。ナイアガラの滝まで南へ40分ほど。トロントからの交通の便も発達している。

広域ではカナダ国内第8位の人口を要する70万都市(2005)。「Stelco」や「Dofasco」など大手鉄鋼メーカーが本社を構えている。街の歴史は19世紀初頭から始まり、街が大きくなるにつれ地理的な重要性からも重工業が盛んになり、19世紀後半にはカナダのバーミングハム(英)とうたわれるほどになる。

ナイアガラ断層が近くを通っており、少なくとも65もの滝があることでも知られる。1つのエリアにこれだけの滝が密集している地域は世界でもここだけ。1999年になるまでこれほどの滝があることは知られていなかったが、観光地としての可能性から市も注目するほど。

特筆すべき点としてほか、トロント、バンクーバーに次いで外国生まれの割合が多い街として知られる。人口比ではヨーロッパ系が圧倒的に多いが、新移民の出生地はユーゴスラビアなどの東欧ほか、アジアでは中国、インド、フィリピンが多い。

日本の広島県福山市と姉妹都市提携をしている。

◆ City of Hamilton
http://www.hamilton.ca/
≫ Read More
スポンサーサイト

| ハミルトン | 11:39 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

マックマスター大学(McMaster University)

【写真】 ノーベル物理学賞受賞者、ブロックハウス博士の通り名。
McMaster University
(2006年8月8日撮影)

ハミルトン市にある名門大学「McMaster University(通称:Mac)」。キャンパスはきれいで落ち着いた雰囲気。

医学(Health Sciences)や工学(Engineering)の分野が特に強く、2004年に「Research University of the Year」を受賞するなど、研究分野ではカナダの大学でもトップクラス。経営(Business)、人文科学(Humanities)、社会科学(Science and Social Sciences)などでも高い評価を受けている。

先進的な試みと実績を数多く残してきた伝統があり、大学の研究施設としてはカナダ国内のみならず、英連邦で初となる原子炉(MacMaster Nuclear Reactor(MNR))を保有している。

ノーベル賞受賞者も輩出しており、物理学賞のBertram Brockhouse博士(1994・教授)、経済学賞のMyron Scholes博士(1997・卒業生)、平和賞を国境なき医師団の代表としてJames Obrinski博士(1999・卒業生)が受賞している。

経営学部(DeGroote School of Business)も、2005年にAACSB(Association to Advance Collegiate Schools of Business)の認可を受けるなど高い評価を受けている。金融市況の動きを体験できる施設「Allen H. Gould Trading Floor」があり、数少ない中でも北米でいち早く導入されたことで知られる。

◆ McMaster University
http://www.mcmaster.ca/
◆ McMaster Nuclear Reactor
http://www.science.mcmaster.ca/mnr/
◆ Allen H. Gould Trading Floor
http://gtf.mcmaster.ca/
◆ McMaster Museum of Art
http://www.mcmaster.ca/museum/
≫ Read More

| ハミルトン | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ティム・ホートンズ1号店(Tim Hortons Store #1)

【写真】 1号店前にて。
First Store
(2006年8月8日撮影)

オンタリオ州ハミルトン市といえば「Tim Hortons」ブランド発祥の地。その1号店は今もなお開店当時の場所で営業を続けている。1999年の10月にリニューアルオープン。当時の面影そのままではないが1号店ならでは展示品があり、雰囲気を垣間見ることができる。

1号店のあるオタワ通り(Ottawa St N.)は古びた商店街が立ち並び、すぐ裏は住宅街。この小さな街角からカナダの文化とアイデンティティーを象徴する一大ブランドが誕生した辺りがいかにも「Tim Hortons」らしい。

2006年現在、カナダのファーストフード業界でマクドナルド・カナダの上を行くトップのシェア2割。カフェ業界では圧倒的なシェアを誇り、実に6割にも及ぶ(2位のスターバックス・カナダはシェア7%)。

1964年に1号店がオープンして以来、積極的なチェーン展開を進め、今ではカナダで2600店舗以上、アメリカでは290店舗以上を誇る。

そして、2008年の終わりにはアメリカで500店舗を。2013年にはカナダで4000店舗まで増やすことを計画している。

◆ Tim Hortons
http://www.timhortons.com/
◆ First Tim Hortons Store Re-Opened 
http://www.timhortons.com/en/news/news_archive_1999b.html
◆ Ottawa Street BIA
http://www.shopottawastreet.com/
≫ Read More

| ハミルトン | 13:28 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。